むくもり舎

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

初心に帰って・・・ 

石鹸 |

お久しぶりでした!
私は相変わらず手作りの日々でした。
今はちょうど石鹸熱上昇中です。

久々の更新なので、初心に帰る意味で昨年の8月に作った特別な石鹸を。

キャスティール石鹸
20140821 キャスティール石鹸 むくもり舎


マルセイユ石鹸
20140815 マルセイユ石鹸 むくもり舎


違う種類のオリーブオイルで作ったので、色が全然違います。
長期熟成の使い心地の良さに味を占めたので、大量に仕込んで今は冷蔵庫で眠らせています。
味を占めたときの感動は コチラ で書きました。

普段は熔けにくく、泡ブクのものが好きで多く作っているのですが、急にシンプルなものに立ち帰りたくなる時があります。
そんな時に取り出して、じっく~り泡立てるのが至福のひととき。
マルセイユ石鹸から始まった石鹸作りでもあるので、初心に帰るのにも最適で、とても大切な石鹸です。


スポンサーサイト
12:29 |  trackback: -- | comment: -- | edit

今年もよろしくお願いします 

日常 |

おひさしぶりです。
ブログ、気がつけば一ヶ月も更新していませんでした。
またショボショボと石鹸や日々の生活など載せていけたらと思っています。


未年にちなみ、【羊の石鹸】
未年
カーリーヘアがポイントです。

今年は未年という事もあり(あまり関係ないかな?)、新しい事に挑戦しはじめました。
去年からずっと悩んで考えて、老眼になるまでやらないと絶対後悔すると思い、始めました。
石鹸、陶芸、彫金・・・と全て中途半端な状態でまた新しいこととなると、体がいくつあっても足りませんが、
自分の中で、満足できるまで、または飽きるまで頑張ってみようと思います。
この世界も、はまったらドツボです。
たぶん一番ドツボです。

『人生一度きり、やりたいことは、全部やる!!!』

を今年一年の座右の銘にしました。
こんな私ですが、今年もよろしくお願いします。

17:13 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2014年5月に作った石鹸(途中から) 

石鹸 |

3月から5月の途中までは以前にご紹介済みなので、5月の途中からの石鹸をアップします。

【ブナの葉石鹸(ヨモギ)】
20140527 ブナの葉石鹸 mukumori.ya
ヨモギを練りこんだ生地でブナの葉石鹸を作りました。
黒松内町の武田牧場の牛乳を配合しています。
緑色の粒々がとても素朴です。



【草花の石鹸】
20140528 草花の石鹸 mukumori.ya
下のレイヤーはヨモギ入り、上の層にピンクと水色の小さなコンフェティソープを混ぜ込みました。
コンフェティソープは・・う~ん、よく見えません!実物もよく見えませんでした。
でもこれ見よがしより、この儚さが好きだったりします。
こうなると、ヨモギの層も見えないくらい薄いグリーンにすれば良かったな。
入れているのに、見えない、わからない、誰も気付かないっていうのはさすがに言い過ぎですが、
それぐらいの方が控えめで好き。
あ、これ何か入ってるねって、気付かないくらいの儚さを気付いてもらえた時の嬉しさといったらありません。
完璧自己満足の世界ですから。

小花が咲く野原のイメージで作っています。
プルメリアの甘く濃厚な香り。

10:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

2014年2月に作った石鹸 

石鹸 |

今年の2月に作った石鹸です。
レシピを見返してみると、作ったのは1種類だけでした。

【プルメリアの馬油石鹸】
20140212 馬油石鹸 mukumori.ya
馬油の滑らかさを味わえるレシピです。
この配合は大好きで何度も作っています。
ピンクとグレーの淡い色のコンフェティソープを散りばめました。
プルメリアの甘い香り。

09:43 |  trackback: -- | comment: -- | edit

14年1月に作った石鹸 

石鹸 |

今年1月に作った石鹸をまとめてアップします。

【卵石鹸】
20140103 卵石鹸 mukumori.ya

今年第一弾の石鹸は卵石鹸でした。
年初めの石鹸作り、感謝を込めて大好きな卵石鹸を選びました。
卵の良さを際立たせるように、よりシンプルに。
ほっこり素朴に卵を感じられる石鹸になりました。
すっきりとしたレモン調の香りです。



【雪と牛と羊】
雪の結晶です。
20140104 雪石鹸 mukumori.ya


そしてこちらは牛と羊。
20140104 牛と羊石鹸 mukumori.ya


2色のブルーのふんわりマーブルで、すっきりとした香り。
凛とした雰囲気が漂う石鹸になりました。



【宵の雪】
20140104 宵の雪 mukumori.ya
宵の中で舞う雪をイメージした石鹸です。
実物はもう少し水色っぽい、淡いブルーグレーの色合いに
グリーンのマーブルが入ったアイボリーの水玉模様です。

この石鹸、香りが最高でした。
金木犀のアブソリュートにスペアミントとウッディーな香りを合わせ、
アンニュイな甘さと爽やかさを感じる香りです。
甘すぎるのが苦手な私にはちょうど良い塩梅でした。
このブレンドはまたリピートしたいな。

16:15 |  trackback: -- | comment: -- | edit

小鉢! 

陶芸 |

小鉢4種類です。

輝く黒の小鉢
ラメ黒深皿 むくもり舎
釉薬と温度の関係なのか、黒い部分がメタリックのように輝く小鉢になりました。
重ね付けした白い釉薬もいい感じに流れてフワッとした模様になり、かなり素敵です。
自画自賛です。
このメタリック感はもう絶対出ないだろうと思われるので、永久保存版にしています。


白とブルーのマットな小鉢
白マット深小皿 むくもり舎
この釉薬の組み合わせ、一時期すごく凝っていて大皿や角皿など、とにかくいろいろなものに掛けてました。


濃いピンクの小鉢
混ぜ小鉢 むくもり舎
混ぜ粘土で作りました。
意外にシンプルで、何にでも合わせやすそうに見えて、合いません(笑)。
可愛いのですが自己主張の強い色です。


ざらっとしたベージュの小鉢
ベージュマット深皿 むくもり舎
とにかく渋いこの器、ザ・陶芸!という感じで気に入っているのですが、主人からは不評でした。
煮付けや自家製の糠漬けにはピッタリなんだけどな・・・。

糠漬けで思い出したのですが、うらなり気味のトマト、糠付けによく合います
子どもの頃、農家だった祖母の家に遊びに行くと、トマトの漬物(粕漬けかな?)をよくご馳走になりました。
美味しかったなぁ。
そこからひらめき、スーパーで買った緑がかった全然甘くないトマトを糠床に漬けてみたら、とっても美味しくなりました。
今では胡瓜や間引いたメロンを抜いて、ダントツトップの人気です。
是非お試しあれ!

10:56 |  trackback: -- | comment: -- | edit

紫蘇ジュース 

日常 |

夏から秋にかけて、毎年恒例の紫蘇ジュースを作りました。

洞爺で大量の赤紫蘇を買い込み、
大量の紫蘇 むくもり舎

よーく洗って煮出します。
赤紫蘇 むくもり舎

砂糖とクエン酸を加えて溶かし、殺菌した瓶に移して完成!
紫蘇ジュース むくもり舎
3袋分の紫蘇から7~8Lできました。
水や炭酸水で割ったり、半分凍らせて溶けかかったシャーベットのようにして飲みました。
美味しい~
冷凍して、冬の間も楽しめます。

エキスを絞った赤紫蘇も、砂糖やみりん、しょうゆで煮詰めて
戻した干し椎茸のスライスなども一緒に入れたりして佃煮に。
紫蘇の香りで御飯が進みます。

10:41 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。